Home > 来客カウンターの種類

来客カウンターの種類

来客カウンターには大きく分けて、LANネットワークを使ってパソコンにデータを伝送するネットワーク対応型本体とセンサー及び集計するパソコンで動作する簡易型の2種類があります。

LAN対応データベース型

  • 特徴
    • 本体にカウント表示部は無く、代わりにLAN端子を持ちます
    • 集計したデータはLANを介したパソコン上(データベースサーバー)で表示します
    • 集計データベースソフトにより、時間、日、週、月毎などで集計、分析できます
    • パソコンから閲覧できるLANの環境が必須になります

 

  • 製品写真

 

 

長期的にデータを取得して、日・週・曜日・月別の来客数調査や購買率の分析など、得られたデータを経営・販売戦略に活かしたいというお客様に適しています。

CDショップ、アパレル、スーパーなどの小売店利用される方が多いです。また、ショッピングモールでの動線調査などにも活用されます。

 

その日分の来客データ又は時間毎の集計ができれば良いというお客様におすすめの【簡易型】

  • 特徴
    • 本体、センサー、センサーケーブル、シリアルケーブルで構成されます
    • 本体部分にカウント表示部分を持ちます
    • RS-232Cシリアルケーブルでパソコンと接続する事により時間毎の集計が可能です

 

  • 製品写真

 

 

  • おすすめの業種・業態
    • イベント会場
    • 公園
    • 図書館
    • 公共施設

等での活用に効果的です!

 

長期的なデータ取得や週毎、月毎、曜日毎の分析の必要が無く、その日1日分の来客データ又は時間毎の来客データが集計できれば良いというニーズのお客様におすすめです。

イベントホール等の短期間での来場者カウントや、公共施設の1日の利用者カウントなどに利用される方が多いです。

 

₢킹͂炩

Home > 来客カウンターの種類

Return to page top