Home > 活用方法 > お客様の動線を掴む

お客様の動線を掴む

このページでは来客カウンターのもう一つの使い方、『動線の調査』についてお話します。

動線とは、お客様が店内移動する際に自然に通ると思われる経路を線で示したものです。

お客様の動線を把握できれば、動線に沿ってキャンペーン商品を陳列したり、広告の効果的な配置が出来ます。
逆に言えば、お客様があまり通らないようなところに広告や目玉商品を配置しても効果は薄いということになります。

従って、いかにお客様の動線を把握するが重要になります。

そこで効果を発揮するのが来客カウンターです!

 

複数の出入口がある店舗での事例

来客カウンターのデータから予想外のお客様の動線がわかり、販売戦略を改善できた事例です。

 

この店舗には3つの出入口がありますが、お客様は最も間口の大きい正面口から入ってくると思い、正面口をメインにPOPや目玉商品を配置していました。

ところがデータを見ると、予想外に裏連絡通路からの入店が多いことがわかります。土日に至っては正面口よりも入店が多くなっていました。

従って、裏連絡通路から入店されるお客様向けにも広告やキャンペーン商品を配置し、売上げ増加に繋げました。

 

 

₢킹͂炩

Home > 活用方法 > お客様の動線を掴む

Return to page top